国際教養学部 国際教養学部

2言語併習を基礎に、多様な教養科目を自分で設計し、高い教養を身につけ世界で活躍できる人材を育成します。

言語文化学科

本学独自のカリキュラムである2言語併習と8研究科目群で、幅広い学びを実現。

特色 特色
  • 2言語併習とは、英語を必須に、スペイン語・中国語・韓国語から1つを選択して同時に同量の学習を進行させる独自のカリキュラム。
  • 8つの研究科目群から成る200余りの科目を興味や関心に応じて履修が可能。●スペイン・ラテンアメリカ研究科目群 ●中国研究科目群 ●韓国研究科目群 ●日本研究科目群 ●言語教育研究科目群 ●グローバル社会研究科目群 ●人間発達科学研究科目群 ●総合科学研究科目群
  • 外国の言語や文化はもちろん、自国の文化を相手に正しく伝えるために日本を学ぶ授業も充実。

TOPIC毎年開催!新入生歓迎合宿

新入生全員参加の1泊2日の合宿。ウォークラリーやゲームなどを通して自然に仲間ができ、入学当初の緊張や不安を楽しく吹き飛ばします。

●授業テーマ

  • 外国語としての日本語を教えるための基礎的な能力と知識を学ぶ「日本語教授法」
  • 異文化を学ぶことで自国の文化の理解も深めていく「異文化コミュニケーション」 など
  • ●在学生数(2017年4月1日現在)

    男子:209名(27%) 女子:561名(73%) 合計:770名 男子:209名(27%) 女子:561名(73%) 合計:770名
  • ●求める学生像

     高等学校のすべての科目において興味を持ち勉強してきたことが、国際教養学部で学ぶためのメリットであると考えます。物事に対する自己の好奇心を正確に認識でき、柔軟な態度で対象に接することができる力、集中して1つのものごとに取り組むことのできる忍耐力、メディアの情報を読む力のある人を求めます。批判的な目で対象を眺めて、自分の意見をまとめる力を持っていると、なお理想的です。

学生voice 学生voice
Q.獨協大学を選んだ理由は?
  • 「欲張りに学びたいという思いから数多くの大学を調べる中で、獨協大学なら学問の分野横断的な学習ができることを知ったから」
  • 「学校見学の際に、落ちついた雰囲気と充実した施設に魅力を感じました」
  • 「オープンキャンパスで受けた体験授業の担当教授にあこがれて」
Q.学部・学科の良いところは?
  • 「先生も学生も個性的な人が多くて楽しい!」
  • 「スポーツ大会やハロウィンなど学部独自のイベントがあり、みんなと仲良くなれる」
  • 「英語ともう1言語を両方とも週4で学べるのは強み。トライリンガル目指して日々がんばっています」
このページのTOPへ