ゼミナール

高校とは違う、大学らしい学びのかたち。仲間と切磋琢磨しながら総合的な知性を磨こう。

ゼミナールって? 獨協ゼミの特色 獨協ゼミ紹介

ゼミナールって?

学生一人ひとりが知的好奇心をもとに研究テーマを選び、調べ、考察し、ゼミの仲間と討論を交わしながら研究を深める大学の学びの柱。知識の詰め込みではなく自ら動き、答えを導き出していく過程で、自分の糧となる学びに出会うことができます。

ゼミナールって? ゼミナールって?

●授業とゼミの違い

授業

  • ▶教員による講義形式
  • ▶基礎知識の習得学習

ゼミ

  • ▶学生が主体(教員は研究に必要な知識等をサポート)
  • ▶特定の専門分野を深く学ぶ
  • ▶取材・調査のため、時には学外に出てフィールドワークを行う
  • ▶ディスカッション・プレゼンテーションを通じてコミュニケーション能力が身につく

獨協ゼミの特色

“ゼミナール”は、実はドイツで生まれた教育方法。ドイツにルーツを持つ獨協大学は教育理念を実践するにふさわしい方法として創立時から積極的に取り入れてきました。

●少人数制

少人数のゼミでは学生同士の親交も深まり、教員によるきめ細かな指導を受けることができます。また、他大学との交流のあるゼミもあり、幅広い知識や経験を得られるでしょう。


●全学部必修

本学のゼミは全学部必修(法学部は基礎演習のみ)。他者との議論を重ね、論理的思考力や自己表現力を培えるゼミこそが大学本来の学びであり、そして一生涯の仲間や師ができ、学問を通じての人間形成の場となるのです。

外国語学部
3・4年次必修
(一部1・2年次も必修)

国際教養学部
4年間必修

経済学部
2-4年次必修

法学部
2年次必修/
3・4年次選択


●OB・OGとの交流

教員と学生の距離が近く、卒業生との密接な交流をはかれるのも獨協のゼミならでは。社会人となった先輩と語り、議論することは、卒業後の進路を考える一助となるでしょう。

ゼミ紹介

全学部合わせて160以上のゼミがあり、学生の幅広い興味や関心に対応しています。その中でも特色あるゼミをご紹介します。

ゼミ紹介 ゼミ紹介

IT機器、書籍、黒板を駆使した学生主体の討論風景。

●経済学部 高安ゼミ

世界をフィールドに貧しい国の人々が豊かになれる仕組みを“民間企業の視点”から実践的に考える学生主体で運営しているゼミ。「プロジェクト遂行を通じた課題解決の学び(PBL)」が特徴で、雄飛祭での発表や展示など、研究結果をアウトプットする場を積極的に設けています。3年次のPBLを通じて、卒論のテーマや卒業後の進路を見出すゼミ生が多くいます。

経済学部 高安ゼミ 経済学部 高安ゼミ

国内最大級の国際協力イベント「グローバルフェスタ Japan 2016」に出展しました。出展ブースでは、途上国における蚊を媒体とした感染症を防ぐことを目的に、埼玉県の伝統工芸である細川紙(和紙)と蚊よけ効果のある布を組み合わせて制作したトートバッグ(カBan)について解説するとともに、実物を展示販売しました。

このページのTOPへ