経済学部 経済学部

「より良い社会にしたい」という気持ちを学ぶ原動力へつなげる。経済学思考を備えた、実社会で即戦力として活躍できる人材を育成します。

経済学科

日本だけでなく、世界の経済を読み解くための思考力と外国語能力を養成。

特色 特色
  • ネイティブ教員によるスピーキング指導で自己表現に必要な英語力を鍛錬。
  • 「経済理論」「総合政策」「国際経済」の3コースに分かれ、専門的に学ぶ。
  • 証券取引所の見学やジャーナリストの講演会などビジネスを体感する機会を用意。

TOPIC経済学部プレゼンテーション・コンテスト (プレコン)

経済学部で毎年10月に開催。ゼミでの活動・研究成果を先生と学生の前でプレゼンテーションし、最優秀賞、ベストプレゼンター賞などを決める。

●授業テーマ

  • さまざまな経済学の分野に関する文献や動画を題材に英語を学ぶ「専門英語」
  • 人間が幸福な人生を送るための「労働」のあり方を考える「労働経済学」 など
  • ●在学生数(2017年4月1日現在)

    男子:1114名(77%) 女子:338名(23%) 合計:1452名 男子:1114名(77%) 女子:338名(23%) 合計:1452名
  • ●求める学生像

     外国語、国語、地理歴史、公民、数学において、高等学校卒業程度の学力を保有していることを望みます。コンピュータや英語の習得に意欲を持ち、努力しているか、または努力する意志を持っていることが望ましいです。国際経済を読み解き、国際的なコミュニケーションを図るために必要な外国語能力と、ビジネス思考のツールとなる経済学(経済理論・総合政策・国際経済)に関する知識を体系的に身につけ、将来、国際ビジネスの世界で活躍したいと考える人物、あるいは地域社会の中核として、その発展に貢献する意欲を持つ人物を求めます。

経営学科

実践的な教育のもと、”使える経営学”を探求。多言語を駆使してビジネスの今に切り込める能力を養う。

特色 特色
  • ビジネスに役立つ「使える英語」が身につくカリキュラム。
  • 「マネジメント」「ビジネス」「会計」「情報」の4コースに分かれ、専門性を深める。
  • 最新設備と専門教員のバックアップで「高校教諭一種免許(情報)」が取得可能。

TOPIC有𠮷ゼミではMBAホルダーを前にプレゼンテーション

ユニクロのマーケティング戦略について店舗、本社双方のスタッフへのインタビューを行って仮説を検証。MBAホルダーの方々を前にプレゼンを行い、社会人の鋭い指摘をいただきました。

岡部ゼミでは日本マクドナルド本社でCEOを前にプレゼンテーション

日本マクドナルドが成長するための企業戦略について、独自の調査結果に基づいたプランを提案。ビジネスとしての難しさを実践面からの視点でご指摘をいただき、貴重な経験となりました。

●授業テーマ

  • 消費者ニーズにあった商品の開発・流通を学ぶ「マーケティング論」
  • さまざまなアプリケーションがどのように開発されているか実践的に学ぶ「プログラミング論」 など
  • ●在学生数(2017年4月1日現在)

    男子:927名(62%) 女子:569名(38%) 合計:1496名 男子:927名(62%) 女子:569名(38%) 合計:1496名
  • ●求める学生像

     高等学校における外国語(英語)科目、国語科目、地理歴史・公民科目、数学科目の学力を求めます。また理科・情報について関心を持ち、高等学校までのコミュニケーション英語、英語会話などを十分に習得していることが望まれます。地球規模で展開されるビジネスや経済に関心を持ち、マネジメント・ビジネス・会計・情報を体系的に学び、分析結果をもとに自分の考えや意見を表現する力と、他者と協力して役割を果たしていくための協働性を身につけようとする意欲がある学生を求めます。

国際環境経済学科

持続可能な社会の実現のために、地球規模の課題に対する客観的な分析力と主体的な行動力を養成。

特色 特色
  • 幅広くコミュニケーションできる国際的な視点を持った人材を育成。
  • 経済と環境の周辺分野から複数の領域にわたって広く学べるカリキュラム。
  • 地球規模での問題に対して主体的に分析し発信できる力が身につく。

TOPIC海外ゼミ合宿「開発援助視察調査」

木原ゼミでは、東南アジアでの現地視察や援助機関へのヒアリングを通じて支援実態を調査し、開発援助に対する学生の理解と検討を深めています。

●授業テーマ

  • さまざまな事例を通して、地域活性化戦略を検討する「地域活性化論」
  • ジャパンタイムズ社との提携講座で国際社会を読み解く方法を学ぶ「メディア英語」 など
  • ●在学生数(2017年4月1日現在)

    男子:344名(56%) 女子:275名(44%) 合計:619名 男子:344名(56%) 女子:275名(44%) 合計:619名
  • ●求める学生像

     英語の学習に意欲的に取り組み、地理歴史科目、生物・化学などについても広い関心を持っていることが望ましいです。持続可能な社会を創るために、社会が抱える問題を自ら考え、解決に向けて行動し、社会をよりよい方向に変えたいという意欲を持っている学生を求めます。高校生のうちに環境問題や開発・貧困問題などに対する問題意識を自分の中に作り上げることが望まれます。

学生voice 学生voice
Q.獨協大学を選んだ理由は?
  • 「学ぶための設備が整っているところ」(国際環境経済学科)
  • 「外国語学部でなくても外国語を学べる機会が多くある点」(経営学科)
  • 「4年間同じキャンパスで学ぶことができ、他学部の学生との交流が刺激になると思った」(経営学科)
Q.学部・学科の良いところは?
  • 「文系の大学にもかかわらず、数学・統計・情報の授業が充実している」(経営学科)
  • 「プレゼンテーション・コンテストは本当に盛り上がる!熱い!」(経済学科)
  • 「ジャーナリストとして活躍する先生や、証券会社の方から生の声を聞ける授業がある」(経営学科)
このページのTOPへ