news

2017.10.27イベント
11月11日(土) 2017年第29回獨協インターナショナル・フォーラム<宗教改革500周年記念>ドイツ文化とルター ―その今日性をめぐって―

2017年 第29回獨協インターナショナル・フォーラム
<宗教改革500周年記念>ドイツ文化とルター
 ―その今日性をめぐって―

 

 マルティーン・ルター(1483-1546)という文化現象は、ドイツの精神・文化史上、ひとつの比類なき「出来事」であり、きわめて重要なメルクマールである。今からちょうど500年前の1517年、彼が開始した宗教改革は、ドイツのみならずヨーロッパ文化全般を大きく変容させ、その影響は今日にまで及んでいる。
 2017年度に開催する本フォーラムでは、ルター宗教改革500周年という機会を利用して、ドイツ語圏諸国および国内から、芸術・文化研究の一線で活躍する専門家を招き、とりわけ「言語」「美術」「音楽」分野におけるドイツ文化とルターの関係について、今日的な視点から探ってみたい。

日程:2017年11月11日(土)
会場:獨協大学天野貞祐記念館大講堂

詳細は獨協大学HPをご覧ください。

上の画像をクリックするとプログラムをご覧いただけます。