news

2019.10.18お知らせ
第54回天野杯全日本大学生英語弁論大会 結果報告

 10月6日(日)に第54回天野杯全日本大学生英語弁論大会(主催 獨協大学、運営 獨協大学英語会)が開催されました。
 本大会は、元文部大臣である本学初代学長の天野貞祐先生の熱意により、関東地区の学生を対象として、第1回大会を獨協大学内で開催したところから始まりました。
 今日、本大会は、大隈重信杯争奪全日本学生英語弁論大会(早稲田大学)、福澤杯争奪全日本学生英語弁論大会(慶應義塾大学)と並び全国三大学生スピーチコンテストの一つに数えられ、学生スピーチ大会としては外務大臣賞、文部科学大臣杯をいただいている数少ない大会の一つであることからも、天野杯の名は全国に広まっています。

■大会結果報告
 優勝:三川エリー (上智大学)
 二位:山下心子 (慶應義塾大学)
 三位:朴志元 (同志社大学)

■後援
 外務省、文部科学省、ブリティッシュ・カウンシル、カナダ大使館、
 埼玉県、埼玉県教育委員会、草加市、草加市教育委員会、
 埼玉新聞社、NHKさいたま放送局、テレビ埼玉、獨協大学同窓会

■主催 獨協大学

■運営 獨協大学 英語会(E.S.S.)

■実行委員長 神戸良太 さん(言文3年)のコメント
今年度の天野杯は、”Departure ~A New Era, A New Story~” というコンセプトのもと、本大会がスピーカーの方々、観客の皆様、そして天野杯という大会そのものにとって、「新たな1歩」を踏み出す機会となれることを目標に掲げておりました。
大会準備の段階でたびたび難題に直面しましたが、その度に英語会の仲間に助けられ、乗り越えることができました。このような大会の長を務めさせて頂き、非常に光栄です。
改めて、天野杯に関わってくださった全ての皆様に厚く御礼申し上げます。この度はご協力下さり誠にありがとうございました。来年度の天野杯もどうぞ宜しくお願い致します。

■英語会部長 大下陽輝さん(言文3年)のコメント
天野杯運営は僕にとって、とても先が長いものでした。先代の先輩方が繋いでこられた栄誉あるこの大会を素晴らしいものにできるのか、また部員全員の気持ちを一つにそろえ、最後まで駆け抜けられるかの苦闘でした。
ですが、大会を終えた今、非常にほっとしていると同時に満足感さえもあります。それは、この第54回天野杯が素晴らしい大会であったと確信しているからです。運営や準備に従事してくれた部員の努力の賜物です。
頑張ってくれた部員、ご協力いただいた方々に感謝するとともに、大会出場者及び来て下さった少しでも多くの方の記憶に残る天野杯となれば、光栄です。

今大会に出場した阿部汐夏さん(交3年)です。