news

2018.12.20お知らせ
舞踏研究会 全日本大会において団体2位、3部門で優勝

体育会舞踏研究会が、12月9日(日)に行われた第63回全日本学生競技ダンス選手権大会(於 本学アリーナ)において、3部門で優勝し、団体としても2位となりました。
 舞踏研究会は、11月には天野杯学生競技ダンス対抗戦も主催しており、競技力を高めるだけでなく、競技ダンスを広めるための活動にも力を入れています。

<第63回全日本学生競技ダンス選手権大会 成績>
●団体総合 第2位
●フォーメーション部 第3位
●チャチャチャの部 優勝
 須藤大迪(法律4)/?橋莉瑚(英語4)ペア
●クイックステップの部 優勝
 三浦廉(国際関係法4)/ゴメス恵里香(言語文化4)ペア
●スローフォックストロットの部 優勝
 フォード カーク龍馬(英語3)/中山みずほ(ドイツ語3)ペア

■主将 三浦廉さん(国際関係法4)のコメント
 全日本学生競技ダンス選手権大会では団体として総合成績で準優勝、FM(フォーメーション)で3位となり、個人としてもクイックステップで優勝し日本一になることができました。
 自分自身、それ以前の大会では結果が振るわず苦労しましたが、そんなときでも前向きに努力し続けられたのは支えてくれた人たちの存在があったからです。卒業してもアドバイスや指導をしてくださった先輩方、ずっと応援してくれた後輩たち、部を共に引っ張った同期やパートナー、その他にもたくさんの方々との出会いがこの結果に結びついた要因だと思います。
 この出会いに感謝しつつ、今後はOBとして現役の部員たちを応援したいと思います。

学友会総務部長室事務課
048-946-2057