news

2018.12.11お知らせ
経済学科・高安ゼミ「エコプロ2018」で研究活動報告

 高安健一ゼミ(開発経済学)の3年生5人で構成されるZero Food Wasteチームが2018年12月6日(木)~8日(土)に、東京ビッグサイトで開催された国内最大級の環境イベントである「エコプロ2018」に出展しました。
 
 日本経済新聞社と一般社団法人産業環境管理協会が共催し、内閣府、経済産業省、環境省などが後援するエコプロ(2016年にエコプロダクツから改称)は、今年20回目の開催を迎えました。今回は2015年の国連総会で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を踏まえ、「SDGs時代の環境と社会、そして未来へ」をテーマに、538もの企業、団体、研究機関、大学等が出展し、およそ17万人が来場しました。

 Zero Food Wasteチームは、日本の若者の食料廃棄率が世代別で最も高いことに注目し、ZINEと呼ばれる若者を対象とした自由度の高い冊子『FOOD ISSUES: The Road to SDGs People』を作成し、およそ400人に配布しました。食品ロス削減を入口に、2030年を達成目標とするSDGsに取り組む人材を育成することも視野に入れた企画です。SDGsの12番目の目標である「つくる責任 つかう責任」のなかで、食品ロスが解決すべき課題として取り上げられています。

中村啓さん(経済学科3年)の感想
 私たちZero Food Wasteチームは2018年4月に始動し、スパイスカレー研究家水野仁輔氏へのインタビュー、大学生向けのZINEの作成、食品業界へのアプローチなど多岐にわたる活動を展開してきました。エコプロ2018に出展したことにより、来場者に若者の食品ロス削減策について『FOOD ISSUES』を用いて訴え、多くの共感を得ることができました。大学の枠を越え、仲間と共に、学生ならではのアイディアで、世界的な課題に本気になって取り組むことを通じて、世界に貢献し、自分自身も成長することが出来ました。3年次のプロジェクト活動は一つの区切りを迎えました。私たちの活動を支えてくださったすべての皆様に、心より感謝申し上げます。

岡崎駿さん(経済学科3年)
関俊亮さん(同上)
中村啓さん(同上)
小川智之さん(国際環境経済学科3年)
折田苑子さん(同上)