news

2018.05.01お知らせ
レーゲンスブルク大学と学術交流協定を締結

 本学は国際化推進のため新規学術交流協定校の開拓を積極的に進めており、このほど、ドイツのレーゲンスブルク大学と協定を締結しました。これにより、海外協定校数は16ヵ国・地域、49大学目となり、南ドイツでは初めての協定校となります。

■レーゲンスブルク大学
 ドイツ南部バイエルン州でユネスコの世界遺産に登録されているレーゲンスブルクにある総合大学で12の学部(言語学・文学・人文科学部、法学部、経済学部など)と40以上の学科を有し、学生数は約20,000名にのぼります。また、外国人向けのドイツ語コースも充実しており、留学生は学部の授業と並行して、それぞれのレベルに合ったクラスを無料で学ぶことができます。